倉敷滞在記5

今日はお休みでした(自分次第)

甲府で出会ったオーストラリア人のケイトが 瀬戸内旅行の帰り道に倉敷によってくれた 2年ぶりくらいの再会!

まさか倉敷でまたケイトに会えるとは思わなかった うううれしい

短い時間だったけど 朝から倉敷のまちをぶらぶらして おしゃべりした

そのあと 近所の市民プールへ行った

ナウ 人の気配のうすいアトリエでプールと人間ばかり描いている日々

これからのこつこつ作業に入る前に プールはいっとこ あと 太ったから運動しよ ムシムシするから汗ながそ という魂胆

値段安いのにすばらしいプールで

50メートルプール お昼時で人も少なく のんびり2時間泳いだ

さ 帰ろうと思って もういっこある25メートルプールをみにいったら

今描いている絵と同じ構図 光 光景 人 がそこにあってびっくりした

いや プールは今まで嫌というほど見ているけれど

まさに理想のプールだった

一番素晴らしいのは プールをみれる位置

建物の二階部分から下を直にのぞける そこからみるプールがすばらしい

距離感 光 歩行コースでおばちゃんが歩いている具合 波のバラエティ

見た瞬間大興奮してそのまま30分水着のままジロジロ見まくった

午後2時の晴れ曇りの光 その中で人にあたる光 人が歩いたあとに出来る波のかたち 波と波がぶつかるときのかたち 人の顔 水中の足

一瞬も留まることがないプールの中身 眼で記憶しようとも(当然写真はとれない)色も人も光も止まらないから 印象を記憶する つよく意識して

制作をしていて最終的にたよりになるのは 写真の図像ではなく つよく見たときの印象だったりする

止まらないものを記憶する時 映像で記憶する

でも絵は 止まっている そのへんのズレをすこしづつ 埋める 超える ような絵を描く自分なりの方法をいくつか習得してきている

ずっと こんな絵を描きたい のイメージが 断片的な図やこれまで倉敷でみた光景の中にあったんだけど

それらすべてを 今日見たプールの映像と印象をベースに 織り込んでいける…かもしれないと思った

なにせ長いし でかいし まだまだ終わりまでスコーンとはいかないのだけど

ひとつ こういう確信的な光景に出会えれば きっとだいじょうぶ(ハラハラ)

こんど 晴れた日の黄昏時を狙ってまた行こう その光景をみたい

2時間半もプールにいて もう帰り道はへにょへにょだったけど

頭と眼がフル回転していたので そのまま大原美術館へGO

事務所に行くとスタッフみなさま 絶賛フライヤー発送作業中で

ひとり場違いに夏醸し出しちゃったけど 前々からみたいと狙っていたセザンヌの画集(ずらーっとよさそうな画集が並んでいる棚がある)をみせてもらって しばらく没頭した さきほどのプールの光景の熱がさめやらぬまま 今まで図版でもみたことなかったセザンヌの絵 たくさんみれた

そのあとはじまったばかりのARKO展(過去10年ぶんのARKOレジデンス作品一挙公開!)をみる

いつもより作品がそれぞれ眼に入ってきた あたらしいこと沢山思う またみにいこう

今 あたまぱんぱん からだもぐんにゃり

でも今日のうちに整頓したかった

明日から もっとゆっくり もっと注意深く 制作開始です

ぐぅ

IMG_6539

白 球 は 正 直 だ

 

 

 

 

倉敷滞在記4

日々のサイクルが決まってきました

ずっと手探りでやっていた作業が一段落して いよいよ油絵の具が使えるっ
今回描いている絵は とにかくこつこつ 近いところと遠いところを交互に意識するような 視点が伸び縮みするような作業です
それはまるで 田んぼと稲を交互にみるようなかんじです

アトリエにいるとついつい 小さなものに眼がいってしまいますが

空とか丘とか田んぼとか 全体のことも常に思っていたい

それにしても今日はむしむし 明日 プールに泳ぎにいこうと思う

IMG_6522

IMG_6525

へんなきのこ パート2

IMG_6503

アトリエにはいくつかの窓があって 各窓に 違う種類の蜘蛛が住んでいる(外側)毎朝みている ほとんど動かない たまに移動している

IMG_6495
IMG_6510
大工さんがやってきて 草ぼーぼーだった敷地内をあっというまにきれいにしてくれた ! なんて歩きやすい 今まで草にはばまれていたところをウロウロ

IMG_6529
大工さんが毎日なにかをくれた ゆでたまごとか このプラムがすっごく美味しかった やさしい

IMG_6505
ねこだんご

 

倉敷滞在記3

倉敷にきて2週間 なにもかもがあたらしく眼に食い込んでインプットインプットの処理が追いつかない日々でしたが

ここ数日でようやく 眼が 手が 生活が定着してきた

そして絵へのアウトプットがすこしづつだけどスムーズになってきた !

しかし先週はいろいろあってたのしかった たくさんのことを思った

人にもたくさん会ったし話しができた 今まで俯瞰するように見ていたものが

クローズアップされて 知ることができてうれしい 倉敷の人、美術館の人、アーティスト、とにかく 人と身の回りの景色を手がかりに

なんとか倉敷に 潜り込む

IMG_6437

アトリエは雨の日も良い

IMG_6454

ねこ

IMG_6465

朝 水がプルシャンブルー!

IMG_6421

IMG_6458

備前で遠赤外線を浴びた

IMG_6460

いぬ

IMG_6469

タイカレー弁当 どうしてもカレー

IMG_6480

ようやく絵と手がうまく動くようになって作業が進んだ日 アトリエがすごすぎるたそがれの光だった

IMG_6470

写真では伝わりきれない ずっと見てたい

IMG_6456

IMG_6489

この日はたくさん寄り道をして帰った きれいな光を探しながら帰った

IMG_6490

グレーシー幸田…。

倉敷滞在記2

今日は生ビールのみました。美味しいもの食べました。
いろいろな人と話せて楽しかった。
鈴木さんの展示をみて刺激受ける。よい一日。

IMG_6388
毎日のアトリエ通いがたのしい まるで迷路のような水路の脈
それに沿うように気まぐれに自転車はしる
するといい景色に急にでくわす

IMG_6390
へんなきのこ

IMG_6389
IMG_6396
ころがしてあそんだ
IMG_6393
IMG_6395
保温弁当箱にカレー弁当を詰める毎日
毎日カレー 毎日お昼ご飯が楽しみ

倉敷滞在記1

今日からアトリエを使える

三ヶ月のあいだ ほとんどの日々を家とアトリエの往復で過ごす

いつもは その地域に入り公開制作したり なんや人目にふれながらの生活や制作が多いけれど 今回は基本ひとりきり

こういうとき 行き帰りにみるものが制作の鍵になってくるとわかってる

というか 行き帰りにみるものが眼にたくさん飛び込んで来る

基本 そのメモと写真

あと ひとりきりで過ごすと言葉がこもるので

アトリエツイッター(かつて横浜の寿町のドヤに暮らして制作した時にやっていたドヤツイッターと同じ仕組み)をやっていこうと思います

がんばるぞ っ

IMG_6373
アトリエには電気が無い おひさま頼みだ
IMG_6370
小さなラジオをゲットしました これでFMくらしきを聴く
大原美術館のラジオもあるらしい(でるらしい)
アトリエは音が反響するので 音楽を聴いたり歌ったりするのに最適

IMG_6378

稲がそよそよ

 

 

 

わくわく混浴デパートメント

2009年に「別府現代芸術フェスティバル 混浴温泉世界」の企画で参加した「わくわく混浴アパートメント」から6年。

最終回となる混浴温泉世界2015の中で、「わくわく混浴デパートメント」になって再登場。
この別府以降、生活も体質も性格も絵も態度も好き嫌いも変わったとはっきり自覚しています。
また別府に行くことができて嬉しいなあ。
先日、作品を設置しに一泊別府へ行ってきました。別府の街は居れば居るほど過去の記憶を失っていく竜宮城みたいな場所です。たった一泊なのにやることが(遊ぶことが)ありすぎて、すぐさまねんごろになってしまいました。
この「わくわく」企画は、居れば居るほど面白いのですが、今回はぜーんぜん滞在ができないっ残念。
9月のフィナーレ期に、駆けつけます。
ねんごろになりたい、お金はなくても時間はあるアーティストの人、ぜひ行くとなんかもうすごいと思います。
会期は7月18日(土)〜9月27日(日)
詳しくは

混浴温泉世界
http://mixedbathingworld.com/v

わくわく混浴デパートメントブログ
http://onsenwkwk.exblog.jp/

ツイッター
https://twitter.com/wakuwakubeppu

倉敷にいってきます

18日から約三ヶ月間 倉敷にある大原美術館のレジデンスにいってきます !

夏だ 旅だ みのまわりにある美しいものとの出会いと絵画の探求です

 

メモ

夏に展示する作品の制作がおわった

新しいことがたくさん見えて でもそれはもともと知っていたことなんだけど

目の前に表れてきてはじめてわかるというのがおもしろい

光をつよく画面に意識して描いてきたけれど

つよく意識せず でもよくみると全体に広がっている まんべんなく調和している

近寄ると広い画面のある一点しか見えない

見えている部分ははっきり見えるし捉えられているけれど

視界の外につながる(焦点を合わせていない)部分はほんものの波のようにゆらいでいるのが 注視していない(できない)からこそ見える

後ろにひいて全体を見るにも大きすぎて やっぱりゆらゆらしている

10メートルくらいうしろに下がれば全体がやっと捉えられるかもしれないけれど

そのとき見えるのは 青 とか 水 とか 現象じゃなくて固有名詞のなにかになっていると思う

でも絵は近寄れるから 見ようと思えばある一点にいつまでも眼をこらすことができるから 近くで見えてくるものも正解 遠くからそれを名付けるのも正解

でも本当は 捉えきれないその 動いている状態ぜんぶが一番正解 に近い

朝の光と昼の光と夜の蛍光灯によって ぜんぜん変わってしまうから

色の情報が入れ替わってるのを 描くときはほんとうにもどかしく思うけど

それでも近寄ったり離れたりしながら何度も往復しているうちに

一枚のこの限られた面の中で パズルみたいにかちっとはまる瞬間がある

次の日みたら変わることもあるんだけど それは絵が変わったんじゃなくて

自分の眼が変わってるから 私も動いているその状態が一番正解に近いから

やっぱりある瞬間に 自分の意志で うむ、今おわれる っていうのを

決める力が 必要なんだな

そうしたら 次の絵のこと 考えられるようになる その繰り返しなんでしょうね

ひとつ制作を終えて家に帰る帰り道がいつもすごい

同じ風景 同じ家をずっとみていると思ってたのに 懐かしさより新しさのほうが多くてドキドキする

風景もまた 流動している状態なんだな ぜーんぶそうなんだな

これも 毎度わかっていることだけど 毎度驚く 毎度生まれ変わるきもち

ああほんとうによかった! みてもらいたい絵が描けた

そして これほど写真におさめるのがむずかしい絵ははじめてだ

だからこそ みなきゃ みてもらわないと と思う

バタッ

 

(写真載せても意味が無い意味が無い意味が無い でも部分)

IMG_6243

メモ

image

死を想うとき  周りの人ぜんぶ  生きてる同盟だったことを思い出す

嫉妬を相殺するのは自分自身の尊重

メモメモ