kodachie のすべての投稿

個展と公開制作

●「ひとつの窓と11枚の絵」@LOKO GARELLY 6/26まで!!
6/18(土)、26(日)
在廊しますー 絵のまえで逢いしましょう!
横浜の寿町での経験と関連させて今回の個展をレビューしてもらいました 有難や、泣ける
●「空と競馬場」@府中市美術館
日本ダービー見に行ってきました!
公開制作室に集まる競馬熱がすごいです
7/2(土)13:30~15:30 「みんなの点が山になる」ワークショップ
やります 是非!!
7/3(日)14:00~ 公開制作でのあれこれ アーティストトークします! 競馬場から始まる奇跡の連続、、、
是非聴きにきてください〜

ひとつの窓と11枚の絵 個展をやります!

5月27日〜6月26日まで

代官山にあるLOKO GARELLY にて個展をやります!

詳細はこちらから
https://lokogallery.com/archives/exhibitions/one_window_and_11paintings

 

「ひとつの窓と11枚の絵」
もうずっと 絵を描くことと その時在る場所の必然が一致してきている
初めての土地を訪れる時 私の今描きたいものはそこにあった
様々な縁で これまで沢山の場所に運んでもらうことができ その都度
絵を描くことと生きていくことがひとつの歯車になって次へと進んできた

2019年に人生初の出産をして 私の当面の居場所が家になった
心身はひとつだなあと痛感させられる日々の中 今思うと 赤ちゃんはいつだって健やかで
濁りなく育ち 私はいつの間にか身についた自分の体や心のクセの多さに四苦八苦していた

絵を描くことなどしばらく頭になかったが 毎日部屋のソファに座り 赤ちゃんを抱きながら
ベランダに干してある洗濯物を見るともなく眺めていた
以前より増えた洗濯物が 赤ちゃんのための五月の鯉のぼりと共にはためいている
それは一瞬でもあり 毎日の連続の景色でもあり
時が前に進んでいることの証でもあった

心身の変調でぼーっとした眼で毎日窓の外をぼんやり見ていると
今までのように景色に出会い 絵を描いてきた時とは全然違う感覚で
目の前にあるものを見つめているということがわかった

一瞬ごと違う 洗濯物のはためきの中に 自分の体験や経験とは違う 不動の
「いつもあるもの」をじんわりと感じ取ることができた
そしてその思いが「五月の窓辺」という一枚の絵となった

その絵を描いてから2年ほど時が経って 私は今回 またベランダの洗濯物の絵を描くことにした

この2年のあいだ 外に出て絵を描くこともあったが 子供との暮らしと並行する制作や
今の時代の状況下で元々の出不精が加速して あいかわらず私の目の前の景色は
ひとつの窓とその奥の洗濯物だった

全てのものは動いていて 変化していないものはひとつもなく
洗濯物の中に新しい子供服や布マスクなどが加わっているけれど
五月にはまた鯉のぼりを出し はためく洗濯物の中の「いつもあるもの」は健在だ

これはまるで 万華鏡を覗いて見たときのように
自分が何を見ているのか判断できないままに見つめ続けてしまう景色なんだと感じた

そしてこの絵を描きながら 私はひとりぼっちではないというふうに思った
昔の自分と 今の自分と これからの自分が横に並んでそれぞれ
同じ景色を見て語らっている
目の前のことが全てのことにもれなく続いてきたのだなと思う

完成した絵が このような実感を元にして
昔の 今の これからの人たちに向けて 伝わっていくよう
色彩からの伝言を 私なりに受け取って描いていこうと思っている

IMG_8109

 

 

府中市美術館公開制作

美術館の中にある公開制作室にて会期中絵を描いています

タイトルは「空と競馬場」

若き頃から 競艇場や競馬場などの雰囲気が好きでした

20代は競馬場にもよく通っていました

今回府中市美術館で制作するにあたり

久しぶりに競馬場に行って見たところ

あの頃馬券ばかり見ていて気がつかなかった競馬場の景色が目に飛び込んできました

西から東へ伸びる空 山からの雲と 街の下のぼんやりした空気

崖(ハケ)の景色のような観覧席

人の熱気と レースが終わった後の 名残

そういったものをひとつの絵にしたいと思いました

会期中は 競馬場の景色の絵を起点に

ドローイングを重ね

もっと大きな 一枚の空と競馬場の絵をかきだしたいと思います

詳しくはこちら!

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/koukaiseisaku/kokaikaisai/kodachie_kokai.html

 

 IMG_8149

IMG_8077

River to River 川のほとりのアートフェスに参加します

磯部湯再び!
11月27日から前橋で行われるアートフェス
「River to River 川のほとりのアートフェス」に参加します
詳細こちら↓
8年前 アーツ前橋の企画で行われた
「磯部湯活用プロジェクト」
そこに伊藤存さんと二人 男湯と女湯に分かれての滞在制作
真冬の前橋の銭湯の(廃業しているのでお湯はない)
凍てつく寒さ
しかしいつのまにか持ち込まれる暖房器具
有り余るほどの差し入れ
暖かい鍋 コンロ 布団 そして始まる無限カレー
いつの間にか磯部湯は謎の集会所となり せっせと制作している私の背後で様々な交流が行われ お湯がなくとも沸騰寸前
当時の私はあちこちに住みながら描く 実践真っ最中で
前橋で過ごし描いた2ヶ月間は その後の住み描き人生の一つのターニングポイントとなったのでした
その磯部湯に!今回8年ぶりに足を踏み入れます ヒヤッ
(タイルが冷たい)
具体的には 磯部湯でのドキュメント展示
そして 磯部湯を振り返るヤーギンズでの 個展です
滞在制作を再び振り返る しかも作品で というのは初めての試みで ただのノスタルジーにならないよう注意していたのだけれど
あの頃の自分の絵 あの頃気になった景色
そういうものが 今の自分には 懐かしさよりも
これを自分が描いたのかという新鮮さ
どういうことだったのだろうという興味
それを 自分の絵を見ながら絵を描くという 不思議な制作方法をして振り返ってみました
そこにはノスタルジーはほぼなく
何だろう
自分の孫を見るような気持ちでしょうか まだよくわからない
そして久しぶりに(予備校以来に)
自画像を描きました 絵を描いている自画像です
それもこれも 絵画という平面を 描いている自分を貫くように縦に見つめる不思議な制作でした
このような機会をいただかなければきっとやることのなかった
不思議な振り返りを ぜひみていただきたいです
11月27日の13時15分からは 磯部湯で 当時私を企画に誘ってくれた 家入建生くんと話をします
たくさんの参加作家の方の作品があります!私も全貌を見るのが今から楽しみです!
写真撮影:木暮伸也さん
i_195

吉野滞在後記

MIND TRAILという芸術祭に作品を展示するため絵を一枚描きました

7月末に奈良の吉野に初めて視察に行く

山の中を5時間くらい歩く芸術祭
そのコースをまず自分の足で歩き 作品の案や展示したい場所を考える
たった1日の視察では 感じ取れるものは多くない
吉野が桜の名所であること 修験道の総本山ということ 一般的な知識はなんとなく
けれど キョロキョロと 自分の心を無にしながら歩き見ていると
引っかかるものや 直感的に これはこうだな みたいなものはなんかある

金峯山寺の人が蔵王権現さまの話や 修験の話をしてくださる
神も仏も 目の前に現れるものすべてに祈る そのような話に何かふと親和性を持った

歩く道すがら たくさんの小さな石仏やお地蔵さんを見かける
全国各地 色々なところでこういう 誰かのかつての何かの創作を見つけるたび 惹かれてきた
石は本当にすごくて やっぱりずっと残るし 人の手が作っている形というのは自然の中でハッと目に入る
でも いつ誰が どうして?そこまではわからない
それでも そうやってその時代背景や詳細が薄れてきたからこそ 今そこにある石がもう本当にただの意志になっていて
想像する

吉野の山は全体美しく 写真もたくさん撮ったけれど だからこそ 歩いて見て回る芸術祭でそれを作品にする気持ちにはならず

場所としては 水分神社というところがすごく好きになった
山をハアハア歩いて疲れ果てたところで その神社に入ると しいんとした気持ちになった
ここで絵を見ることができたらいつもと違う心持ちになるかも知れないなあと

思った

視察で感じたことはきっかけ

家に帰って 思い出す
ふと目を留めたお地蔵さんが もたれかかっている大きな木が空洞になっていて その中に昼間の木漏れ日が射していたのを観た
光に照らされてそこだけ光る蜘蛛の糸や木の葉

歩いている人がふと目を留めたときに偶然見つけたかのような光の溜まり 陽だまりの絵を描くことにした

アトリエで1ヶ月ほど写真と印象を元に描き進める フワ〜としたものが出来上がっていくが これでいいのかが決めきれない
何せ一回しか見ていない景色!しかも歩いて回った中のほんの一瞬
これは実際吉野に行ってからでないと仕上がらないぞ。。と内心ドキドキしながら
絵の仕上げのため 9月の22日から十日間ほど吉野に滞在し制作をした

 

IMG_6781

 

IMG_6806

 

 

IMG_6826

 

**************************************************************************

 

ずっと宿泊したKAM INNというゲストハウス が!!!
よかった〜〜〜〜〜
ここに泊まらなかったら私の滞在生活も 吉野に対する考え方も はたまた作品も

全然違うものになったなあと思う

山伏女将の片山さんが 私の印象では専属のツアーコンダクターくらいの感じで私の滞在を支えてくれていた

中学時代のあだ名が「図鑑ちゃん」なだけあり 様々なことを知っている

修験だけでなく植物 仏像 歴史 苔 地衣類 妖怪

聞いているだけでおもろい話をたくさんしてくれた

こちらの素朴な疑問にもすべて答えてくれ 吉野という場所を

森羅万象キャカラバアな感じで感じ取れたのではないか。。。

ともかくゲストハウスでの滞在制作は よく考えてみると初めてで

たくさんの 色々な目的や意志で訪れ泊まる人たちと話ができたことは

一人しずしず ノロノロする制作生活の中にたくさんの風を吹かせてくれたと思う

IMG_7146

 

女将

IMG_7145

 

三毛猫のちいちゃん

IMG_7149

 

金峯山寺は工事中 四角い!

 

IMG_7151

 

制作は 東南院というお寺の持つ施設で行った

たくさんの土産物屋や宿があるメインストリートにあるので

コツコツやっていると 通りがかりの人が声をかけてくれる

雨の日は人通りもなく 静かな場所

商店街の日常って面白いなあ そこに 同化するでもなく 一緒に過ごさせてもらう気分

そうやってなんとか絵を描き出すのだが やはり

視察の時にみた木をもう一度見て見なければならんと思い 女将に こういう場所を知らないかと聞くと わかった

絵を描き終えた夕刻 視察以来の山登りで 木の場所へ行く

IMG_7164

 

あった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この時のドキドキと驚きは 今でもうまく言い表せない

夕方の光が木の印象をさらにすごい感じにしていて

私は 思わず拝んだ

あなたでしたか!!!そういう言葉が勝手に出た

今までウンウン唸って写真を見ながら思い出していた木とその周辺の空間は

思っていたより100倍くらい良いもので

かつて一度訪れたことは 夢のお告げだったの?くらいに

今初めて その木に本当に出会った という感じがした

こういう フアフアしたことを言葉にしてしまうと 何か大切なものが逃げて行ってしまいそうで怖いが

ともかく 私は生まれて初めて「自分の木」に出会ったと思えた

 

IMG_7159

 

上を見上げると 折れた木の残りが高く伸びている かっこいい。。

この空洞の真ん中にあの時 偶然木漏れ日が射していたのだなんて 不思議だな

もう一度帰るまでに 見ることができるかな

という思いが湧いて それは自分の中で切実なものになった

日が沈みかけるまで木のそばにいて いよいよ宿に帰る道すがらは

ドキドキと 今のこのままの絵ではダメで もっとこう、、、ああいう感じだ!みたいな 今見たものへの思いがぐるぐるして

しょんぼりというか そんな感じで帰宅

IMG_7183

 

ゲストハウスでは 入れ替わり立ち代り色々な人が泊まっていたが

私と女将は基本一緒にご飯を食べていた(食べさせてもらっていた)

人と食べるご飯はおいしいなあ

柿の葉寿司はおいしいなあ

しょんぼりして焦ってても ご飯食べる そして 毎日ビール飲む

IMG_7188

 

完成した絵は水分神社さんに展示させてもらうことになっていて

そこに合うようにインストーラーの高橋さんに木のイーゼルを作ってもらう 素晴らしい出来

この木は 信じられない傾斜の林道を役所の西井さんの運転する車で西尾さんと取りに行った

地元の林業の方すごい いやすごい道だったなあ

IMG_7191

 

辻村さんからおいしいお団子差し入れ

 

 

IMG_7194

 

滞在中 いくつかの地元イベントに遭遇できた

これは地蔵盆という お地蔵様のお祭り

本当は 餅など撒いたりして子供らもワーワーやるものであったらしい

今回は 静かにお祭りする

女将の師僧である岳良さんと 女将が お経を読む

響き渡る法螺貝の音がいい

というか 全部いい 何か懐かしい感じ

岳良さんは本当に生き字引のような人でたくさんの話を聞かせてもらう

お地蔵さんは 道しるべ

そして 何気なくあるお地蔵さんも きちんと誰かが面倒を見続けてきている

私が描いている木の根元のお地蔵さんのこと

あの場所が「雨止」と呼ばれていること その言われ

木が折れた時の台風の話

色々なことを聞くことができた

言い伝わるものを聞くたび そのものを見つめる目が ずし〜〜と 何か遠く深くなってゆく感じがあるがうまく言い表せない

 

 

IMG_7204

 

ほぼ住み込んでいた うだくんとゆうきちゃんとよくご飯を一緒に食べた

とにかく食べる二人だった 家族みたいに 置き手紙とかしてご飯作り置きしたりして

IMG_7201

滞在しだして数日後 今夜は女将は山に行って留守です!と言われていて

ゲストハウスのお留守番の日

この日は 岳良さんのお弟子さんたちや一般の参加者も含めての

山へ入る日であった 前鬼山というところ

前泊していた参加者達とも話をして その山のこと 泊まる場所のこと

たくさん聞かせてもらった

私は制作途中の絵を抱え ぐぬ いいなあなんて 思いつつも

清々しい朝

金峯山寺の方角へお祈りし(私の洗濯物がヒラついて邪魔だ)

出発してゆく皆を見送る

吉野での生活が まだきたばかりなのに 体にあっという間に馴染んでゆく

そこで生活する人たち と 山と 全部ぐるぐる巡らさる

もう自分がどこにいても その一部であることは

わかっているんだ

だからこの日も しずしず絵を描く 夜はうだくん達とご飯を食べた

IMG_7215

 

岳良さんのお堂にも 時たま朝の勤行に参加させてもらっていた

金峯山寺での時とはまた違う ポツン と 祈る感じ

お供え物に雑然とピーマン !

 

IMG_7219

 

制作時間 ジリジリと差し迫る中

私は晴れの昼間を待ち望んでいた 午後 太陽が真上にある時

あの木の中にまた 光が差し込む瞬間を見たくて

グズグズ曇りが続いたが 今日はいけるかも!という日

女将と 女将の友人の苔好きの子と共に お弁当を木の根元で食べようと計画する

はじめ薄曇りであった天気

さあ〜っと明るくなり 木の中 光った!

IMG_7220

 

私が7月の終わりに初めて見た時とは違う場所と光り方だったけれど

その瞬間は 嬉しくて

でも全部 とにかく二度と戻らない今なんだなあ

最近は 飛び上がるほどの喜びにはいつも 寂しさが同時についてくることが わかってきて

いい瞬間はいつも 泣き笑いの顔です

IMG_7227

 

食べ物の写真ばかり撮っていたのは 誰かがご飯を作ってくれていたから

これはうだくん作のサンドウィッチ 制作中に人の飯は沁みるなあ〜

IMG_7228

 

描いている場所の目の前の 弁慶というお店のさとこさんが

絵をよく見ていてくれた 葛餅の差し入れも。。沁みる

IMG_7234

 

絵も佳境の この日 「歩く絵のMIND TRAIL」というパフォーマンスのため

朝から動き出す

私の描いた絵が 山道を歩いて 水分神社まで行く

学生さんも手伝いに来てくれて!映像でバッチリ記録

写真撮影で埼玉から吉永ジェンダーさんも登場

過酷な旅になることは予想していたが 絵を持って急勾配の道を40分ほど

交代しながら歩く ヒー きつい!

序盤ですでにめげながら なんとか林の道くらいまでくると

やあ 景色がいいなあ!

DSC_0014

 

街中を出発

DSC_0056

 

太鼓判のご主人 本当に全ての作品や作家のことをいつのまにかよく見てくれている

 

IMG_7235 2

 

絵と その絵の木 ドキドキ

 

途中 雨止さんの木にも寄る 皆に木を紹介できて嬉しい

DSC_0102

 

 

DSC_0141

 

よいしょよいしょ まだかなあ と歩いていると

どこからか 美しい法螺貝の音が!??

 

DSC_0152

 

なんと山伏女将が 法螺貝を吹いて励ましてくれていたのでした

山を歩いていて 高らかな法螺貝の音が聞こえた時

足元しか見ていなかった視界が 山全体に広がるようだった

目だけじゃない 耳も鼻も 全身を使って みている

みようとしているんだ

この後皆の足取りが急に軽くなり 一気に水分神社へ

DSC_0153

DSC_0179

 

自然光の中の絵は 動いているようだなあ

DSC_0187

 

水分神社が見えたぞー

DSC_0196

 

よいしょよいしょ ついた!!

DSC_0218

 

法螺貝の演奏を奉納する女将

静かな気持ちと 高鳴る気持ち

DSC_0228

 

本当にありがとう! 皆で登れてよかった。。。

DSC_0246

****************************

 

絵が水分神社まで行って その場所にそぐわなかったらどうしようと思っていたけど なんとかなじんでいてほっとする

みんなで坂道を下って綺麗な景色が見えて 視界がひらけて

ああ おしまい!と思いかけたけど 実はまだ終わってない絵

翌日 小雨降りしきる中 一人絵を描きあげる

この日が最後

絵はどうだろう どうなんだろう

なんだかいつもと少し 違う最終日だった

絵の描き終わりは やったー!とかはなく 静かに終わる

この日の夕方 役所の足立さんが出かけて 弁慶は定休日で

小雨が音もなく降っていて 通りを歩く人はいない

ハッ とした時 本当に誰も周りにいなくて

音が一切なくて

私しかこの吉野にいないんじゃないかと思った

ぬるい空気が全部を包んでいて

ここはどこなんだろうか なんで私はここで絵を描いているんだろうか

不思議さ

吉野の山にポツン ただ立っているみたいな気持ち

雨止さんの木のことを思い出したりして なんとも不思議な最終日

すぐに皆が帰って来て バタバタ撤収

吉野では 制作の時以外も何度か その場所の温度や天気や

音が異様になくて静かな時など 不思議な感覚になる瞬間があった

自分が今 不思議な山の中にいることを たまに思った

そういう静かな体験が 最終的に今回の滞在制作の全部を包んでいて

未だに 人に うまく語ることができないんのだ

こういうことは 初めてだ

 

だからこれで 記録はおしまい

感じたことは これからの絵に なっていく多分きっと

 

 

DSC_0274

 

********************************

 

IMG_7306

 

歩く絵の記録映像を展示させてもらった TSUJIMURA & Cafe kitonさん

IMG_7312

 

水分神社さん

奉納をさせてもらう時 たくさん宮司さんとお話をした

貴重な体験でした

IMG_7313

 

こちらは西尾美也さんの作品

展示が無事済んで 女将と吉野を巡る

なんて楽しい

IMG_7324

 

天川村の展示も見ることができた! 吉野とはまた違う雰囲気

こちらは上野千蔵さんの作品

IMG_7322

 

木村玄伯さんの作品 うむ 良い溶け込み

IMG_7308

 

黒川岳さんの作品 に頭を突っ込む女将

IMG_7305

 

無事展示を終えて清々しく帰る途中に脱輪した時

男たちが勇ましく引き上げた

 

 

たくさんのおもひで

語りきれず しかし刻まれて