NEWS :

個展と公開制作

●「ひとつの窓と11枚の絵」@LOKO GARELLY 6/26まで!!
6/18(土)、26(日)
在廊しますー 絵のまえで逢いしましょう!
横浜の寿町での経験と関連させて今回の個展をレビューしてもらいました 有難や、泣ける
●「空と競馬場」@府中市美術館
日本ダービー見に行ってきました!
公開制作室に集まる競馬熱がすごいです
7/2(土)13:30~15:30 「みんなの点が山になる」ワークショップ
やります 是非!!
7/3(日)14:00~ 公開制作でのあれこれ アーティストトークします! 競馬場から始まる奇跡の連続、、、
是非聴きにきてください〜

ひとつの窓と11枚の絵 個展をやります!

5月27日〜6月26日まで

代官山にあるLOKO GARELLY にて個展をやります!

詳細はこちらから
https://lokogallery.com/archives/exhibitions/one_window_and_11paintings

 

「ひとつの窓と11枚の絵」
もうずっと 絵を描くことと その時在る場所の必然が一致してきている
初めての土地を訪れる時 私の今描きたいものはそこにあった
様々な縁で これまで沢山の場所に運んでもらうことができ その都度
絵を描くことと生きていくことがひとつの歯車になって次へと進んできた

2019年に人生初の出産をして 私の当面の居場所が家になった
心身はひとつだなあと痛感させられる日々の中 今思うと 赤ちゃんはいつだって健やかで
濁りなく育ち 私はいつの間にか身についた自分の体や心のクセの多さに四苦八苦していた

絵を描くことなどしばらく頭になかったが 毎日部屋のソファに座り 赤ちゃんを抱きながら
ベランダに干してある洗濯物を見るともなく眺めていた
以前より増えた洗濯物が 赤ちゃんのための五月の鯉のぼりと共にはためいている
それは一瞬でもあり 毎日の連続の景色でもあり
時が前に進んでいることの証でもあった

心身の変調でぼーっとした眼で毎日窓の外をぼんやり見ていると
今までのように景色に出会い 絵を描いてきた時とは全然違う感覚で
目の前にあるものを見つめているということがわかった

一瞬ごと違う 洗濯物のはためきの中に 自分の体験や経験とは違う 不動の
「いつもあるもの」をじんわりと感じ取ることができた
そしてその思いが「五月の窓辺」という一枚の絵となった

その絵を描いてから2年ほど時が経って 私は今回 またベランダの洗濯物の絵を描くことにした

この2年のあいだ 外に出て絵を描くこともあったが 子供との暮らしと並行する制作や
今の時代の状況下で元々の出不精が加速して あいかわらず私の目の前の景色は
ひとつの窓とその奥の洗濯物だった

全てのものは動いていて 変化していないものはひとつもなく
洗濯物の中に新しい子供服や布マスクなどが加わっているけれど
五月にはまた鯉のぼりを出し はためく洗濯物の中の「いつもあるもの」は健在だ

これはまるで 万華鏡を覗いて見たときのように
自分が何を見ているのか判断できないままに見つめ続けてしまう景色なんだと感じた

そしてこの絵を描きながら 私はひとりぼっちではないというふうに思った
昔の自分と 今の自分と これからの自分が横に並んでそれぞれ
同じ景色を見て語らっている
目の前のことが全てのことにもれなく続いてきたのだなと思う

完成した絵が このような実感を元にして
昔の 今の これからの人たちに向けて 伝わっていくよう
色彩からの伝言を 私なりに受け取って描いていこうと思っている

IMG_8109

 

 

府中市美術館公開制作

美術館の中にある公開制作室にて会期中絵を描いています

タイトルは「空と競馬場」

若き頃から 競艇場や競馬場などの雰囲気が好きでした

20代は競馬場にもよく通っていました

今回府中市美術館で制作するにあたり

久しぶりに競馬場に行って見たところ

あの頃馬券ばかり見ていて気がつかなかった競馬場の景色が目に飛び込んできました

西から東へ伸びる空 山からの雲と 街の下のぼんやりした空気

崖(ハケ)の景色のような観覧席

人の熱気と レースが終わった後の 名残

そういったものをひとつの絵にしたいと思いました

会期中は 競馬場の景色の絵を起点に

ドローイングを重ね

もっと大きな 一枚の空と競馬場の絵をかきだしたいと思います

詳しくはこちら!

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/koukaiseisaku/kokaikaisai/kodachie_kokai.html

 

 IMG_8149

IMG_8077

River to River 川のほとりのアートフェスに参加します

磯部湯再び!
11月27日から前橋で行われるアートフェス
「River to River 川のほとりのアートフェス」に参加します
詳細こちら↓
8年前 アーツ前橋の企画で行われた
「磯部湯活用プロジェクト」
そこに伊藤存さんと二人 男湯と女湯に分かれての滞在制作
真冬の前橋の銭湯の(廃業しているのでお湯はない)
凍てつく寒さ
しかしいつのまにか持ち込まれる暖房器具
有り余るほどの差し入れ
暖かい鍋 コンロ 布団 そして始まる無限カレー
いつの間にか磯部湯は謎の集会所となり せっせと制作している私の背後で様々な交流が行われ お湯がなくとも沸騰寸前
当時の私はあちこちに住みながら描く 実践真っ最中で
前橋で過ごし描いた2ヶ月間は その後の住み描き人生の一つのターニングポイントとなったのでした
その磯部湯に!今回8年ぶりに足を踏み入れます ヒヤッ
(タイルが冷たい)
具体的には 磯部湯でのドキュメント展示
そして 磯部湯を振り返るヤーギンズでの 個展です
滞在制作を再び振り返る しかも作品で というのは初めての試みで ただのノスタルジーにならないよう注意していたのだけれど
あの頃の自分の絵 あの頃気になった景色
そういうものが 今の自分には 懐かしさよりも
これを自分が描いたのかという新鮮さ
どういうことだったのだろうという興味
それを 自分の絵を見ながら絵を描くという 不思議な制作方法をして振り返ってみました
そこにはノスタルジーはほぼなく
何だろう
自分の孫を見るような気持ちでしょうか まだよくわからない
そして久しぶりに(予備校以来に)
自画像を描きました 絵を描いている自画像です
それもこれも 絵画という平面を 描いている自分を貫くように縦に見つめる不思議な制作でした
このような機会をいただかなければきっとやることのなかった
不思議な振り返りを ぜひみていただきたいです
11月27日の13時15分からは 磯部湯で 当時私を企画に誘ってくれた 家入建生くんと話をします
たくさんの参加作家の方の作品があります!私も全貌を見るのが今から楽しみです!
写真撮影:木暮伸也さん
i_195

MIND TRAIL「奥大和の芸術祭」に参加します

 

 

 

「MIND TRAIL 奥大和 心の中の美術館」という芸術祭に参加しています!
10月9日〜11月28日まで奈良の吉野、曽爾、天川の地域で開催される芸術祭のために絵を描きました
吉野には絵の仕上げの10日間だけですが 滞在して公開制作もしていました
今までの滞在制作と一味違ったなあと思うところあり
それは 祈ることと 生き暮らし絵を描くことが
交差する日々だったかららしい
滞在制作という
これまで培った自分なりに生き描くやり方の中に
初めて 毎朝祈るという行為が加わった
朝だけでなく 吉野に数あるお地蔵さんや神様
大きな木や清々しい場所に行くと 自然と手を合わせていた
初めは見よう見まね 習慣のように無心で
それがだんだん 絵を描く時や ゲストハウスで暮らし人とご飯を食べたり会話をする時 朝起きて太陽を見たり夜に街灯りを見る時 全ての時間にさりげなく現れて来たようなのです
いや今までもそれはあった 私にとって祈るということは
見つめるということだった
そのことに気がついたというか それが結びついたということで 特に何か新しくお経が読めるようになったとかそういうことではないのだけれど
吉野に暮らしていたら 自分なりに見つめる ということが
祈る ということと自然に重なった ということだと思った
ありがとうございます!
山の中をとにかく歩く!(吉野だけで4時間くらい)
そしてそこに作品がある
目的を芸術にだけセットせず 日々の暮らしの延長から いつのまにかいつもとは違うところに立っている そういう風な心持ちで吉野へ行くと良いのではないかと思います
行って見た〜い と思った方は
楽しみ方伝授します!聞いてください
宿はとにかくKAM INNという山伏女将のいるゲストハウスをお勧めします!
MIND TRAIL 詳細はこちら!!

IMG_7238

 

 

「義仲館」に作品が常設されました

長野県木曽郡木曽町にある 木曽義仲の資料館「義仲館」が

7月4日にリニューアルオープンすることに伴い

作品を常設させて頂きました

既存の歴史資料館とは少し違うコンセプトでオープンするこの資料館では

他にも現代美術の作品や 映像を使った資料検索など

新しい鑑賞体験が出来るようです

「義仲館」ホームページ↓

https://yoshinakayakata.com

お近くにお越しの際はぜひ!

IMG_5652

美術の教科書に載っています!

開隆堂出版より2021年度からの美術の教科書「美術2、3 探求と継承」に

つなぎ美術館で描いた(同美術館所蔵の)「新しい朝の舟」という絵が掲載されています

背表紙です

中学校に行っている方 その親御さんや親戚の方 うちの教科書これだ!というのがありましたらぜひ教えてくださいね

美術の教科書 久しぶりに見ると面白いです

開隆堂出版ホームページ↓

https://www.kairyudo.co.jp/contents/02_chu/bijutsu/r3/doc/r3b_01.pdf

つなぎだョ!全員集合 展示に参加します

「つなぎだョ!全員集合」
2016年に参加した熊本県津奈木町でのレジデンス
印象深い滞在でした
その6年分のアーティスト全員集合展がつなぎ美術館で開催されます
各自の収蔵作品に加え 新作も!
私もなんとかギリギリ新作をこしらえました
12月5日にはアーティストトークも行われる予定で
ワイワイ とっても楽しみです
里帰り感
きっと話に花が咲くでしょう

ところざわ アートの潮流 展示に参加します

11月27日から
「ところざわ アートの潮流」という展覧会に参加します
所沢に引っ越してきてはや3年
所沢にゆかりのある方々と
光栄です
夫婦共演でもあります ええ
旧作ですが
お近くにお越しの際は是非是非に
*************************
「市制施行70周年記念事業 ところざわ アートの潮流」
会場
所沢市民文化センター・ミューズ  ザ・スクエア
(展示室・屋内) 及び 情報市場(屋外)
※屋内と屋外で展示期間が異なりますので、ご注意ください。
期日(屋外)
令和2年11月15日(日曜)から令和2年12月6日(日曜)
期日(屋内)
令和2年11月27日(金曜)から令和2年12月6日(日曜)
開場時間
午前10時から午後5時
入場料
無料
参加作家(予定)
山路 眞護
上村 次敏
中山 正樹
戸谷 成雄
高見澤 文雄
坂牛 幹雄
遠藤 利克
多和 圭三
多和 英子
伊藤 誠
牛島 達治
祐成 政徳
尹 煕倉
志水 児王+飯田 博之
鞍掛 純一
小畑 多丘
杢谷 圭章
加茂 昂
桑名 紗衣子
幸田 千依
小穴 琴恵
森田 可子126200624_3274751969319569_6406553465794171352_o